Open Nav
緊急連絡先

JAかもとのこと

JAかもとの概要

JAかもとは、平成元年4月1日に「かもとはひとつ」を合言葉に大同団結し、発足しました。以来、29年間「一人の百歩より、百人の一歩」を基本理念に掲げ歩んでまいりました。農村・農業をとりまく状況は変化してまいりましたが、現在においても基本理念に変わりはありません。

組合員の営農と生活の向上、そして地域の発展に貢献できるよう、皆様のご意見に耳をしっかり傾けてまいります。今後とも皆様のご指導・ご支援をお願い申し上げ、組合長のあいさつと致します。

概況

経営理念

JAかもとは、人と自然を大切にし、社会の発展と豊かな暮らしの実現に貢献してまいります。
・JAかもとは、人を大切にします。
・JAかもとは、自然を大切にします。
・JAかもとは、社会の発展に貢献します。
・JAかもとは、豊かな暮らしの実現に貢献します。

シンボルマーク

JAかもとシンボルマーク

JAかもとシンボルマーク

農協のイメージアップと組合員の意識結集を図るため鹿本農協のシンボルマークを制定。

6本の緑線は6つの地域を表し、鹿本農協の頭文字「K」を入れてデザイン化しました。

全体を丸くして、お互いの調和を表し、青空(ブルー)と穏やかな農園(グリーン)の中に無限の広がり(規模的にも、未来へも)を感じる黄線を入れてみました。


夢大地かもとシンボルマーク

夢大地かもとシンボルマーク

緑の大地。夕焼けに染まった赤い空。遠く望む阿蘇連山。

どれも園芸農業の理想郷=鹿本の象徴です。

大地を横切る4本の線は、整然と続く田畑を表しています。

マークは全体では、果実をイメージさせるような楕円形でデザインされた図版をベースに文字を組み合わせたマークデザインです。(平成6年2月26日公募により設定)

JA鹿本では、生産履歴システムを導入し、安全・安心な農畜産物を提供しています。

沿革

平成元年(1989年)
山鹿市、鹿北町、菊鹿町、鹿本町、鹿央町、植木町の6農協が合併し、「JAかもと」誕生。
平成3年(1991年)
食材宅配事業スタート
平成5年(1993年)
JAかもと中央カントリーエレベーター完成
JAかもと園芸部会設立
統一ネーミング「夢大地かもと」決定
平成6年(1994年)
JAかもと広域花卉センター
JAかもと広域瓜類選果場完成
平成9年(1997年)
JAかもと旅行センターオープン
平成10年(1998年)
総合、南部、広域、鹿央選果場にスイカ・メロンの糖度センサー導入
平成12年(2000年)
JAかもと製茶広報完成
天寿苑オープン
平成13年(2001年)
アスパラガス選別施設完成
平成14年(2002年)
車輌、農機センター、給油所の再編
みかん選果施設に光センサー導入
植木ふれあい市場オープン
平成16年(2004年)
鹿北、菊鹿、鹿本町、鹿央営農センターがスタート
新オンラインシステム(ジャステム)移行
平成17年(2005年)
山鹿、植木北部、植木南部営農センターがスタート
新「山鹿市」の指定金融機関
平成19年(2007年)
26支所1支店体制から6支所6取次店体制へ再編
平成21年(2009年)
鹿北セルフSSオープン
平成22年(2010年)
ファーマーズマーケット「夢大地館」オープン
植木セルフSSオープン
平成23年(2011年)
通所介護事業・居宅介護事業(夢さくら)新設
平成24年(2012年)
鹿央町に新本所建設、夢大地未来塾開講
Yショップ内田店・菊鹿店オープン
平成25年(2013年)
JAかもと女性大学開校
Yショップ岳間店オープン
平成26年(2014年)
選果施設を再編し、植木瓜類選果場完成
ファーマーズマーケット「夢大地館」増築
平成27年(2015年)
天寿苑植木会館業務開始
平成28年(2016年)
植木支所事務所建設

ディスクロージャー

JAかもとのディスクロージャー誌をPDFでご覧いただけます。

ディスクロージャー誌2017

TOPへ